Religion Category

Jerman, mengapa kamu mengkhianati Anak Tuhan?

Sambutan saudara lelaki awam terhadap undian Aaron Joseph Paul Hackett | Menegur | 14/09/2022 “Bangunlah, marilah kita pergi; lihat, pengkhianatku sudah dekat.” Saudara-saudara di Jerman, oh betapa Tuhan Allah menangisi kamu! Matius 26:41 “Jadi, tidak dapatkah kamu berjaga-jaga dengan Aku satu jam saja? Berjaga-jaga dan berdoalah supaya kamu jangan masuk ke dalam pencobaan; roh memang […]

Read More

Vācija, kāpēc jūs nododat Dieva Dēlu?

Lay brālis atbilde uz balsojumu Ārons Džozefs Pols Hakets | Pārmetot | 14.09.2022 “Celies, iesim; redzi, mans nodevējs ir pie rokas. Vācijas brāļi un māsas, ak, kā Dievs Kungs par jums raud! Mateja evaņģēlijs 26:41 “Tātad, vai tu nevarētu nomodā ar mani vienu stundu? Esiet modri un lūdzieties, lai jūs neiekristu kārdināšanā; patiesi gars ir […]

Read More

Germania, cur Filium Dei tradis?

Responsio fratris laici ad votum Aaron Joseph Paul Hackett | Rebuking | 09/14/2022 Surgite, eamus; ecce proditor meus prope est. Fratres et sorores Germaniae, heu quomodo Dominus Deus flet pro vobis! Matthew 26:41 « Sic non potuistis una hora vigilare mecum? Vigilate et orate, ut non intretis in tentationem; spiritus quidem promptus est, caro autem […]

Read More

Германия, эмне үчүн Кудайдын Уулуна чыккынчылык кылып жатасың?

Добуш берүүгө бир тууган жооп Аарон Джозеф Пол Хакетт | Ачуу | 09/14/2022 «Тур, баралы; Мына, менин чыккынчым жакындап калды”. Германиядагы бир туугандар, Теңир Кудай силер үчүн кандай ыйлайт! Матай 26:41 «Ошентип, мени менен бир саат сергек болбойсуңбу? Азгырыктарга кабылбаш үчүн сергек бол жана тилен ; рух чындап эле даяр, ал эми дене алсыз». Эмне […]

Read More

독일아, 왜 하나님의 아들을 배반하느냐?

투표에 대한 평신도 형제의 반응 아론 조셉 폴 해켓 | 책망 | 2022년 9월 14일 일어나라, 가자. 보아라, 내 배신자가 가까이 왔다.” 독일의 형제 자매 여러분, 오 주 하느님께서 여러분을 위해 얼마나 우시겠습니까! 마태복음 26:41 “그러면 나와 함께 한 시간도 깨어 있을 수 없느냐? 시험에 들지 않도록 깨어 기도 하십시오 . 마음에는 원이로되 육신이 약하도다.” […]

Read More

ドイツよ、なぜ神の御子を裏切るのですか?

投票に対する信徒の反応 アーロン・ジョセフ・ポール・ハケット |叱る | 2022 年 9 月 14 日 起きて、行きましょう。ほら、私の裏切り者が近づいています。 ドイツの兄弟姉妹の皆さん、ああ、主なる神はあなたのために泣いてくださいます!マタイによる福音書 26:41 「では、私と一緒に 1 時間見ていただけないでしょうか。誘惑に陥らないように目を覚まして祈ってください。精神は確かに進んでいますが、肉は弱いです。」なぜあなたは心の中にサタンを入れるのですか?なぜ偽りの父を信じるのですか?サタンは私たちの最初の両親を欺き[ 1]、カインの怒りをかき立てて弟のアベルを殺害し[2]、ドイツのカトリック階層の投票により、サタンはドイツの国を支配しました! ドイツの偉大な羊飼い(枢機卿)、あなたのエミネンスに影響を与えたものはわかりません。これは全能の神の律法ではありません!あなたも、私たちの創造主である神に仕えるすべての人も、禁じられた果実を噛んで以来、サタンがどれだけ多くの魂を獲得してきたかを知っています!サタンの命令を実行する彼の堕落したセラフィムは、足場さえあれば破壊の働きを始めることができます。 De Romano Pontifice 、 libからの抜粋。 Ⅱ、キャップ。 30 「これに反対する:第一に、異端者が「実際に」[実際に]残っており、その性格のおかげで教会に団結している場合、彼は「実際に」彼女から切り離されたり分離されたりすることは決してないだろう.キャラクターは消えません。しかし、「実際に」教会から引き離された人々がいることを否定する人は誰もいません。したがって、性格は異端者を教会で「実際に」するのではなく、彼が教会にいたこと、そして彼が彼女に戻らなければならないことのしるしにすぎません。同様に、羊が山で道に迷うとき、羊に刻印されたマークはそれが囲いの中にあることを示すのではなく、羊がどの囲いから逃げたのか、どの囲いに戻されるべきかを示します。この真実は、信仰を持たない人々は「実際に」キリストに結ばれるのではなく、潜在的に結ばれるだけであると言っている聖トマスで確証されています。トマスはここで、信仰の告白と目に見えるしるしによって生み出される外的結合ではなく、内的結合について言及しています。したがって、聖トマスによれば、性格は内的なものであり、外的なものではないため、性格だけでは「実際に」人をキリストに結びつけることはできません。 閣下、あなたの兄弟である司教たちの投票機関が、全能神の律法の変更について投票することをどのように許可できますか?全能神の教えは、私たちの神が律法をモーセ[ 3]にイエス・キリストに与えた時から一貫しており、戒めの教えを補強しています[4] 。閣下、カトリック教会のカテキズム – CCC 1955からあなたの記憶を新たにさせてください。自然法は、道徳的生活を支配する最初の本質的な戒律を述べています。それは、神への欲求と、すべての善の源であり判断者である神への服従と、相手は対等であるという感覚にかかっています。その主な戒律は十戒に表されています。この法則が「自然」と呼ばれるのは、不合理な存在の本性に関するものではなく、それを適切に定める理由が人間の本性に属しているからです。 では、これらの規則はどこに書かれているのでしょうか? 私たちが真実と呼んでいるその光の本に書かれていないのであれば?そこにはすべての公正な法律が書かれています。そこから、法は正義を行う人の心に入り込みますが、それはそこに移行するのではなく、指輪を離れずに蝋の上を通過する指輪の封印のように、その痕跡を法に置きます。自然法則は、神によって私たちに与えられた理解の光にほかなりません。それを通して、私たちは何をしなければならず、何を避けるべきかを知っています。神は創造の際にこの光または法則を与えました。 [5] 私たちの十字架の父聖パウロが私たちに教えているように、「なんてこった!私に自分を表現する方法を教えてください。私がすべて愛で燃えていたらいいのにと思います!それ以上に:火の中で賛美歌を歌えたらいいのにと思います。創造されていない愛が私たちに授けてくれた素晴らしい慈悲を讃えます! 神の賜物に対して神に感謝することは、真の義務ではないでしょうか? はい、確かに、しかし私はその方法を知りません. 私はそうしたいと思いますが、方法は知りません. この偉大な神をますます愛したいという欲求に気絶することはほとんどありません. 神のために自分自身を消費することはほとんどありません. 私たちは何をすべきでしょうか? ああ! 私たちはその神聖な恋人のために絶え間ない愛の苦しみの中で生きます. しかしあなたはそうしますか?私は十分に言ったと思いますか? いいえ; 方法を知っていればもっと言うでしょう.何が私をいくらか慰めているか知っていますか? 私たちの偉大な神は無限の善であり、神ほど神を愛し、賛美することができる人は誰もいないことを知ること.に値する。」 私たちは両手を広げてすべての人を歓迎しますが、教会の規則を変えることはできません。全世界が月が本当に太陽であり、太陽が本当に月であると言ったとしても、自然の法則が矛盾することは許されません。ローマ カトリック教会の教えは、私たちの主イエス キリストから初代教皇聖ペテロまで受け継がれ、何世紀にもわたって真理が強化されてきました。トレント公会議から第二バチカン公会議まで、私たちは聖書と伝統を通して受け継がれてきた神聖な教義に従わなければなりません!天使の医者である聖トマス・アクィナスの OP は、Sunna Theologica での彼の著作の中で次のように述べています。ある順序だけでなく、絶対に。賢明な人の役割は、整理して判断することであり、より小さな事柄はより高い原則に照らして判断する必要があるため、最高の原則をその順序で考慮する人は、どの順序でも賢明であると言われています。このように、建築の順序で、家の形を計画する者は賢明な建築家と呼ばれ、木材を整えて石を準備する下等な労働者とは対照的に、「私は賢明な建築家として基礎を築いた」( […]

Read More

An Ghearmáin, cén fáth a dhéanann tú feall ar Mhac Dé?

Freagra deartháir tuata ar an vóta Aaron Joseph Paul Hackett | Rebuking | 14/09/2022 “Éirigh, rachaimid; féach, tá mo fhealltóir ar láimh.” Deartháireacha agus deirfiúracha na Gearmáine, ó conas a dhéanann an Tiarna Dia ag caoineadh ar do shon! Matha 26:41 “Mar sin, nach bhféadfá faire a dhéanamh liom uair an chloig? Bí ag faire […]

Read More

Jerman, mengapa Anda mengkhianati Anak Allah?

Tanggapan saudara awam terhadap pemungutan suara Aaron Joseph Paul Hackett | Menegur | 14/09/2022 “Bangun, mari kita pergi; lihat, pengkhianatku sudah dekat.” Saudara-saudari di Jerman, oh betapa Tuhan Allah menangisi Anda! Matius 26:41 “Jadi, tidak bisakah kamu menonton bersamaku selama satu jam? Berjaga-jaga dan berdoalah agar kamu tidak masuk ke dalam pencobaan; roh memang penurut, […]

Read More

Németország, miért árulod el Isten Fiát?

Egy laikus testvér válasza a szavazásra Aaron Joseph Paul Hackett | Megrovás | 2022.09.14 „Kelj fel, menjünk; lásd, az árulóm közel van.” Németország testvérei, ó, hogy sír titeket az Úristen! Máté 26:41 „Tehát nem tudnál velem virrálni egy órát? Vigyázzatok és imádkozzatok, hogy kísértésbe ne essetek ; a lélek ugyan készséges, de a test erőtlen.” […]

Read More

גרמניה, למה את בוגדת בבן האלוהים?

תגובת אח הדיוט להצבעה אהרון ג’וזף פול האקט | תוכחה | 14/09/2022 קום, בוא נלך; תראה, הבוגד שלי בהישג יד.” אחים ואחיות גרמניה, הו, איך ה’ אלוהים בוכה עליכם! מתי 26:41 “אז, האם לא יכולת לצפות איתי שעה אחת? צפה והתפלל שלא תיכנס לפיתוי; הרוח אמנם רוצה, אבל הבשר חלש.” מדוע אתה נותן לשטן ללבך? […]

Read More