Monthly Archives: December 2018

Maumivu ya Mateso ya Milele sehemu 2

St. John Chrysostom anasema “Jahannamu ni jambo la kushindwa. Nani hajui kwamba adhabu ya Jahannamu pia ni ya kutisha? ” Tunaweza kutembea karibu na maisha na kujifanya kuwa hazipo.Wengi huko nje, labda hata kusoma blog hii, watasema wenyewe. “Nijeje hakuna mtu aliyekuja ili kutujulisha ikiwa jehanamu ni kweli?” Kuna ghuba kubwa kati ya walio hai na wafu. Ikiwa unasoma hadithi ya […]

Read More

درد سرمدی عذاب قسمت 2

خیابان جان خوارزم میگوید “جهنم واقعا چیز غیر قابل تحمل است. چه کسی نمی داند که مجازات جهنم نیز وحشتناک است؟ ما می توانیم در اطراف زندگی کنیم و وانمود کنیم که جهنم وجود ندارد. بسیاری از آنها وجود دارد، شاید حتی خواندن این وبلاگ، به خودشان بگویند. “چطور می شود هیچ کس دوباره به ما اطلاع دهد که آیا جهنم […]

Read More

آلام العذاب الابدي الجزء 2

شارع يقول جون كريسوستوم “الجحيم هو في الواقع شيء لا يطاق. من لا يعرف أن عقوبة الجحيم هي أيضا فظيعة؟ ” يمكننا أن نتجول في الحياة ونتظاهر بأن الجحيم غير موجود. كثير من هناك ، وربما حتى قراءة هذه المدونة ، سيقولون لأنفسهم. “كيف لم يأت أحد ليعلمنا إذا كان الجحيم حقيقيًا؟” هناك فجوة كبيرة بين الأحياء والأموات. إذا كنت تقرأ قصة […]

Read More

अनंत काल की पीड़ा भाग 2

सेंट जॉन क्रिसोस्टॉम कहते हैं, “नरक वास्तव में एक असहिष्णु चीज है। कौन नहीं जानता कि नरक की सजा भी भयानक है? ” हम जीवन के चारों ओर घूम सकते हैं और नाटक कर सकते हैं कि नरक मौजूद नहीं है। वहां बहुत से लोग, संभवतः इस ब्लॉग को पढ़ते हुए, खुद से कहेंगे। “नरक असली होने पर हमें कोई बताने […]

Read More

Боли вечных мучений часть 1

Давайте начнем с отрывка из Книги Откровения 14:11 «И дым их мучений поднимается во веки веков; и они не отдыхают ни днем, ни ночью, эти поклонники зверя и его изображения, и тот, кто получает знак его имени « Мои братья и сестры человеческого рода, не ошибается в этом. Знаете ли вы лично Бога в своих жизнях или не верите ли вы ни […]

Read More

The Pains of Everlast Torment phần 1

Hãy bắt đầu với một đoạn trong Sách Khải Huyền 14:11 “Và làn khói đau khổ của họ cứ kéo dài mãi mãi; và họ không được nghỉ ngơi, ngày hay đêm, những người tôn thờ quái thú và đó là hình ảnh, và bất cứ ai nhận được tên của nó ” Anh chị em của loài người, không thể […]

Read More

قسمت اعظم درد عذاب ابدی

بیایید با عبارتی از کتاب مکاشفه 14:11 شروع کنیم “و دود عذاب آنها برای همیشه و همیشه افزایش می یابد؛ و آنها روز و شب را بیدار نمی کنند، این پرستندگان حیوانات و تصویر آن است ، و هر کس علامت نام آن را می پذیرد ” برادران و خواهران من از نژاد بشر، در مورد آن اشتباه نکنید. آیا شما شخص خدا […]

Read More

Sonsuz Torment bölüm 1 Ağrıları

en bir geçişte ile başlayalım Vahiy 14:11 Kitabı “Ve onların işkence duman sonsuza dek gider; ve onlar dinlenmiyoruz gün veya var gece, canavarın bu kulları ve görüntü, ve kim onun adının işaretini alır “Kardeşlerim ve insan ırkının kız kardeş, bu konuda hiç hata yapmadan. Ne zaman öldüğümüz için. Kaçan ölüm yok. Hepimiz öleceğimizi kabul ediyoruz. Son nefesleriniz sırasında önemli. Hayatını nasıl yaşadın? Hayatımda her […]

Read More

영원한 고통의 고통 1 부

요한 계시록 14:11 절의 한 구절로 시작합시다. “고난의 연기가 끊임없이 올라갑니다. 그들은 더 휴식, 밤이나 낮이나이없는 짐승과 그 이미지, 누구든지 그 이름의 표를받는 이러한 숭배는 “내 형제들과 인류의 자매, 그것에 대해 실수하지 않습니다. 당신이 당신의 삶에서 개인적으로 하나님을 알고 있든 그렇지 않든 당신이 어떤 것을 믿지 않는지간에, 우리는 모두 죽을 때 모두 하나님 앞에 설 수 있습니다. 도피하는 죽음은 없습니다. 우리 모두는 우리가 죽을 것이라고 인정했습니다. 그것은 […]

Read More

永遠の苦痛の苦痛パート1

黙示録14:11 からの一節から始めましょう “そして彼らの苦しみの煙は永遠に上がります。 そして、彼らは何の休息、昼も夜もない、獣と その 像と、誰でもその名の刻印を受け 、これらの崇拝者は 、「私の兄弟や人類の姉妹が、それについては間違いなく。 あなたがあなたの人生で神を個人的に知っているかどうか、あるいはあなたが何かを信じないかどうかに関わらず、私たちはすべて死ぬと神の前に立ちます。 エスケープな死はありません。 私たちは皆、私たちが死ぬことを認めました。 あなたが死ぬと死ぬときではなく、あなたの最後の呼吸の間にある状態です。 どのようにあなたの人生を生きましたか? 私は自分の人生で正しいことをするためにあらゆる試みをしましたか? 私は私の人生でイエス・キリストの教えを受け入れましたか? 私は教会の医者、聖者の教えに行きます。 Robert Bellarmine(1542-1621)。 ベルギーのルーヴァン大学で1574年に説教を行いました。   カトリック教会 (CCC)1033 州の教義聖書 – 「悔い改めと神の慈悲深い愛を受け入れることなく、死ぬ罪で死ぬことは、私たち自身の自由な選択によって、永遠に彼から離れていることを意味します。 神との交わりと祝福からの決定的な自己排除のこの状態は「地獄」と呼ばれます。 私たちは私たちの行動に夢中になる傾向があります。 私たちは起伏の中で人生を過ごし、ちょうど私たちの日に行きます。 私は今日私がどのように行動することを選択するか考えていますか? 次の人生で私の行動が私にどのような影響を与えるかを反映する時間を与えていますか? 現実には、私たちはそうではありません。 これは自分自身を教えるために必要なものです。 世界、肉、悪魔は私たちにとても忙しいです。 私たちが時々好き嫌いをする同僚でない場合、私たちが時には役に立つと考える配偶者や、あなたのニーズを無視する可能性があります。 たぶんあなたは、いつもお金を求めている通りのホームレスの人を見ていないことを願っています。 あなたは自分自身に考えています。「彼は薬でしか使用しません」 私たちは 毎日 、目を覚ます時から眠る時まで選択肢を作っています。 私たちの自由意志は24時間365日働いています。 それでも、われわれが気づかなければ、私たちはすべてポケットの中でチケットを運ぶ(Soul)。 このチケットは 、時が来るとき、神 から 私たちに 尋ねられ ます。 それはあなたの睡眠に来ることができる、それは あなたが フリーウェイで運転して いる ときに、ジムにいるとき、夕食のテーブルに来ることができ ます 。 イエスが言ったように、 「わたしたちはその日か時を知らない」。   私たちがちょっとした細部について考えないように人生を歩いていることはあなたには驚きませんか? 「まず第一に、最も聖なる信仰を抱くことを断る人がいるということです。 2番目は、その信仰を抱いている人たちが罪を犯すことを恐れていることです。 ” 地獄 とその苦しみpg。 1    セント ベルマールの声明はとても真実です。 イエス・キリスト自身が十字架上で死ぬまで地球を歩いて死から甦り、父の右の座に着座した時から。 神の多くの男女が、2018年に今日まで聖なる義の生活を送るために、教会について説教をしたとき、多くの人々が神を信じることを拒否しました。 多くの人が行かれ、彼は存在しないと言います。 さらに悪いことに、「私はすでにイエスを私の主と救い主として受け入れていますが、まだ罪を犯しています。それでも、 十戒すべてを 破っ たり、社会が受けていることを受け入れて自分の良心を殺すことさえあります。 Hebrews 9:27 「 人 が一度死ぬことが任命されたのと同じように、それが終わった後、裁きが来ます」。 セント ベラルミンは、この3つの点でキリスト教徒として失敗すると述べました。   ” 一つ、考慮の欠如。 2、無知と自己愛のための3 ” 地獄とその苦しみpg。 3 私たちが罪を犯すと決めたとき、私たちは自分の行動の結果については考えません。 彼らが言うように、私たちは「今の暑さの中で」巻き込まれています。 私たちは、私たちの罪が単なる「個人的な罪」ではないという事実を無視しますが、家族があれば私たちに影響を与えます。 Ex。 母、父の兄妹、妻など   人類として私たちに影響を与えます。なぜなら、私たちはすべて、神のイメージと肖像の中に作られているからです。 私たちの罪はドミノ効果があり、私たちが罪を犯すたびに、私たちは本当に誰かをノックしています。 詩編21:9-10 “あなたが現れたら、あなたはそれらを熱烈なオーブンとして作るでしょう。 主は怒りの中で彼らを飲み込むでしょう。 火がそれらを消耗します。 あなたは彼らの子孫を地上から、そして子供たちを人の中から滅ぼすでしょう」 旧約聖書の父なる神は、個人の罪を犯す行為について何度も自分の民に警告しました。 人類の堕落した性質のために、彼は聖なる人を送って、イスラエルの人々に罪から離れさせるよう警告しました。 私たちは、私たちがコミットする行動を個人的に知らない。 たぶん私たちの両親は、ある種の生活を送ることによって、私たちは自分自身を傷つけるだけでなく、私たちの周りにいる他の人たちに傷つけているということを教えてくれませんでした。 あるいは、私たちは罪の値段を知らないということです。 プライドは悪魔の好きな罪です。 私たちは常に責任を持ってコントロールしたいと思っています。 彼と彼の悪魔はこの罪を非常に強く押します。 なぜ? これは天から捨てられたのと同じ罪(プライド、自己愛)だったからです。 私たちが罪を犯すと、私たちは自分の中に暗い情熱を与えます。 一例として、飲酒は罪ではありませんが、飲みすぎると罪になることがあります。 あなたが酔っているとき、あなたはまっすぐ考えることができないし、アリストテレスが話す動物の情熱は感覚を引き継ぐ。 私たちは、誰かを帰宅したいと思っています。 彼らにボーイフレンド/ガールフレンド/配偶者がいれば気にしません。 あなたがしたいのはあなたの欲望の情熱を満たすことだけです。 だから、友人にあなたが素晴らしい人だと納得させるように依頼します。 たぶん彼らは酔っているかもしれない。 あなたはどちらも楽しいことに同意し、あなたはクラブを離れます。   あなた が モーテルの部屋に 入った 後、あなた がし たことが間違っていたことを理解し、服を着て出発します。 あなたはすべてを忘れるために最善を尽くします。 あなたの配偶者はあなたがどこにいるのか不思議で電話であなたに電話しています。 これはあなたが知っている人のようには聞こえませんよね? 私たちはそのような愚かなことをするつもりはありません。 しかし、それは私たちの最高のことに起こります。 私たちはすべて、ある意味では誘惑に陥っています。 目標は、将来の誘惑を避け、できる限り最善を尽くし、キリストの中で生きることです。   「確かに、神は私を偉大な価格で償ったことは決してありませんでした。そして、私のために、ここでは地球上の多くのものに耐えられませんでした。もし、冒涜や他の犯罪が1つあれば、ダンジョン? “ 地獄 とその苦しみpg。 7    はい、神が慈悲深い神であるという事実にもかかわらず、彼はまだ私たちの行動の説明を要求する神です。 彼はルシフェルを天国から投げて天使たちと戦って地獄に投げ込んだ。   もしあなたが一つの死の罪で亡くなったとしても、彼はあなたを送らないと思いますか? 致命的な罪は、それが神の戒めに反していることを知って喜んで行われる罪であり、あなたはまだ自分の情熱を果たすためにそれをやっています。   私が死の罪を犯し、 悔い改める 機会が あり、私が拒否した 場合、はい、私はそこにも向かいます。   CCC 1034- 「イエスは御自分の天使を送るだろうと厳粛に宣言し、すべての邪悪な者を集め火の炉に投げ入れ、 「永遠の火の中に私から離れ、あなたは呪われたが、」 イエス・キリストは、地獄は非常に現実的であり、あなたが、 あなた のそこに送信されますすることができますが、 離れてあなたの罪から電源を入れていない ことを聖書に何度も警告しました ! 「神は偉大な愛をもって私たちを愛し、息子を私たちにお送りしましたが、私たちが解放のために苦しみ、苦しんでいることを誓いましたが、これにもかかわらず、私たちがキャンプに砂漠化すれば、永遠の拷問で私たちの魂のシタデルを悪魔に裏切る」と述べた。   地獄 とその苦しみpg。 8    私たちが罪を犯すと、私たちは悪魔に私たちを拘束する許可を与えます。 私たちをその邪悪な行為に結びつける鎖です。 司祭の手から迫害された告白 の 儀式 を通して のみ 、罪の鎖を破ることができます 聖霊が 私たちの心の中に 再び 住むために必要な恵み を 私たちに 与え ます。   CCC 1037- “神は誰にも地獄に行くことを予定していない。これは神からの故意の罪(死の罪)が必要であり、終わりまでそれに固執するためである”。  

Read More