Monthly Archives: February 2019

Thiền 02/03/2019

Bài đọc phúc âm hôm nay rất ấn tượng! Sau khi Chúa Giê-su đọc từ tiên tri Ê-sai và nói rằng việc đọc thánh thư được hoàn thành, ban đầu mọi người đều vui mừng và phấn khích, nhưng dường như niềm tự hào của con người bắt đầu chiếm lấy dân chúng. Một số người đã […]

Read More

Ile powinnaś kochać Boga?

Fragment z Ewangelii Ewangelisty Marka Ch 12: 28-31 “I przyszedł jeden z nauczonych w Piśmie, i usłyszeli, jak się ze sobą sprzeczali, i widząc, że mu dobrze odpowiedział, zapytał go:” Które przykazanie jest pierwsze? “   Jezus odpowiedział: “Pierwszym jest: Słuchaj, Izraelu! Pan, Bóg nasz, Pan jest jeden; Będziesz miłował Pana, Boga swego, całym swoim sercem i całą swoją duszą, […]

Read More

Medytacja 02.03.2019

Dzisiejsze czytanie ewangelii jest bardzo dramatyczne! Po tym jak Jezus czyta od proroka Izajasza i mówi, że czytanie Pisma jest spełnione, wszyscy byli na początku szczęśliwi i podekscytowani, ale wydaje się, że ludzka duma zaczęła przejmować ludzi. Niektórzy go przesłuchiwali. “Czy nie jest on synem cieśli?” Czy nie wiemy, kim jest jego rodzina? Kiedy pojawiają się takie pytania, oznacza […]

Read More

얼마나 하나님을 사랑해야합니까?

복음 전도자 복음 12 장 28-31 절 “서기관 한 명이 올라 와서 서로 논쟁하는 것을 들었고 그가 잘 대답 한 것을보고”첫 번째 계명은 무엇입니까? “하고 물었다.   예수님이 대답하셨습니다. “첫째, 이스라엘 아 아아, 들으 라. 주 하느님, 주님은 하나 이시다. 네 마음을 다하고 목숨을 다하고 뜻을 다하고 힘을 다하여 네 하나님 여호와를 사랑하라. ‘   두 번째는 이것이다. ‘네 이웃을 네 몸처럼 […]

Read More

명상 02/03/2019

오늘날의 복음 독서는 매우 극적입니다! 예수님이 선지자 이사야를 읽고 성서 독서가 성취되었다고 말하면 처음에는 모두가 행복했고 흥분했지만 인간의 자존심이 사람들을 지배하기 시작한 것 같습니다. 어떤 사람들은 그를 심문했다. “그는 목수의 아들이 아닌가?”우리는 그의 가족이 누구인지 모릅니 까? 이런 질문이 생길 때, 그것은 그들이 자신보다 더 잘 보이는 것을 의미합니다. 그러나 구약에서 일어난 모든 일을 보았을 때, 유대인들은 일을 믿는 것이 […]

Read More

あなたはどれだけ神を愛すべきですか?

福音伝道者の福音書からの箇所マルコ 12:28-31 「そして、筆記者の一人が立ち上がって、彼らがお互いに異議を唱えているのを聞き、そして彼が彼らによく答えたのを見て、彼に尋ねました。   イエス様は答えました、「最初は、イスラエルよ、聞いてください。私たちの神、主は一つです。 そして、あなたは、あなたの神、主の心を尽くし、精神を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして愛するであろう。   二つ目は、「あなたはあなたの隣人をあなた自身のように愛さなければならない」ということです。 これらより大きく、他の戒めはありません。」 イエスは神がモーセに教え同じ言葉を話します。 イエスはイスラエルだけではなく、全世界に注意を向けています。 親が子供たちに部屋に来るように呼びかけているように、イエス様はみんなを神の御座に呼びかけています。 「 私たちの神、主」、 アブラハムの神、イサク、ヤコブ、永遠の神があなたの存在全体の焦点となるべきです。 人は注意深く、集中し、そして他の考えを彼らの頭の中に持ってはいけません。 自分自身を神に捧げる以上に価値があるものは地球上には何もありません。 真に神に焦点を当てるとき、あなたはあなたが地上にいることを忘れ、あなたは聖なる主の前に自分自身を見るのです。   自分自身を証明して、贈り物の贈り物である彼に感謝します。   それからイエスは 「あなたは心からあなたの神、主を愛さなければならない」と 語っ ています 。 私たちが神に与える愛は不完全な愛です。私たちの堕落した性質のために、私たちはイエスができるように完全に神を愛することはできません。 しかし、私たちは神への愛を向上させるために努力することができます。 あなたの心の鼓動を聞いてください。 そのドキドキはそれをすべてまとめる彼によってなされました。 彼の強大な手はそれを作った。 神があなたを造られたとき、彼はあなたを造形するために彼の時間をかけたことがわかりますか? 彼は注意深くあなたに渡したいものを選びました。 双子として生まれた人でさえ、それらを独特にする異なる個性を持っていても、すべての人が同じになるわけではありません。 彼はあなたがあなたの聖別化を導く人生をあなたに与えました。 神は過ちを犯しません。 あらゆる行動と反応が考慮されます。 最大の贈り物は、彼があなたに彼を崇拝することを選ぶ自由意志を与えたということです。   カバの聖アウグスティヌスは彼の著書 キリスト教を教える ことを指摘し、 神は何も空のままにしなかった。 心、心、心の全てが神の愛で満たされることを意味しています。 その空隙を埋めることができるものは地球上には何もありません。 あなたは無意識のうちに自分自身を飲むことができます、あなたは10回の宝くじの当選者になることができます、あなたはあなたの人生の残りの部分の支配者になることができます。 あなたの魂は、神があなたのために造られた体に入るように、神によって慎重に形作られました。 聖霊の息は、あなたが母親の子宮の中で最初の息と心拍を与えたものです。 祝福された聖母マリアが大天使ガブリエルへの返事で「はい」と言ったように、彼女は人生と神の愛で満たされていました。   それから人生で最も高い主のしもべになることを求めるより高い要求はありません。 イエス様は神への真の奉仕とは何かについて多くの例を挙げました。 それは彼らが彼の足を洗っていたはずだったとき、彼は彼の弟子の足を洗った。 マルコの福音書において、イエスは「仕える人」です。 イエスは父なる神の御心を行います。 私たちがお互いにその愛を示すならば、世界は彼をどれだけもっと愛するようになるでしょうか?   私たちは 、「イメージと似神の 」 創世記1章 に作られているので :26-27 地球上のすべての単一の人間の生命を尊重します。 世界にホームレスがあるべきではありません。 私たちが本当に神の戒めに従ったのなら、私たちは私たちの仲間の人を養い、私たちが持っている余分な物を彼と彼の家族に与えるのを助けるべきです。 子供たちに良い贈り物を贈りたいのと同じように、私たちは他の人間に対しても同じように考えなければなりません。 子供たちは決して迷惑になるべきではありません、高齢者は一人で放置されるか、地球上に放棄されることはありません。 聖アウグスティヌスは、私たちは自分自身の幸せを見つけることができないと言っています。 喜びは神からのみ与えられることができます。 彼だけが贈れる贈り物です。彼はその贈り物を自由にそして毎日与えます。 私たちのほとんどは、電話に出たり、無視したりしません。 しかし、彼はいつも私たちを待っています。 この人生を次の人生に任せる準備が整ったとき、あなたの人生の最後の時間まで、彼は忍耐強く、神に声をかけて彼の助けを求める恵みを祈ります。 彼はあなたを拒絶しないでしょう、彼を拒絶するのはあなたです。この祈りを閉じましょう。   神様、私たちはあなたの息子ナザレのイエスを世界に送り出してくれてありがとう。 私たちは、彼の母マリアがイエスと言ったこと、そして御ことばが肉となったことを感謝します。私たちがすべての愚かさを片付け、あなたに賞賛と崇拝を与えることを許しなさい。 あなただけが、私が私の魂に持っているこの大きな空隙を満たすことができます。 痛むこの気分、痛いこの気分、私にお礼をさせてくださいOh Mighty and Immortal God! あなたが与える   地球の果実を食べるための才能と私たちの仲間の人と分かち合い、地球に平和をもたらすための才能。 私たちの罪を許し、永遠の命に導いてください。 アーメン!   神のお恵みがありますように、   アーロンJP  

Read More

瞑想02/03/2019

今日の福音書朗読はとても劇的です! イエス様が預言者イザヤ書を読み、聖書の朗読が成就したと言われた後、最初はみんな幸せで興奮していましたが、人間の誇りが人々を引き継いだようです。 何人かは彼に質問していました。 「彼は大工の息子ではないですか?」私たちは彼の家族が誰であるかわからないのですか? このような質問が発生したとき、それは彼らが彼自身よりよく自分自身を見ることを意味します。 しかし、あなたが旧約聖書で起こったことすべてを見るとき、ユダヤ人は物事を信じるのが遅く、彼らが神から背を向けるとき、それは彼らが罪深いことから背を向けるために何かを送らなければなりません。 イエスは彼らに 「預言者は自分の出身地では受け入れられません」 と言われました 。   もしあなたが大きな罪人であるならば、あなたが悔い改めて彼に引き返すことができるように、彼は病気を送るか、あるいはあなたを苦労するかもしれません。 あなたのわがままにしがみつくのをやめなさい。 神はみんなのためです! ユダヤ人だけでなく、クリスチャンやイスラム教徒だけでなく、すべての彼の創造のために。 「しかし、実は、私はあなたに言います。エリヤの時代、天国が3年6か月の間閉鎖されたとき、イスラエルには多くの未亡人がいました。 そしてエリヤは彼らの誰一人としてではなく、未亡人であった女性のために、シドンの地にいるザールエファトにだけ送られた。 そして預言者エリシャの時代にイスラエルには多くの助手がいました。 そしてそれらのどれもきよめられなかったが、唯一のNa’amanシリア。」 神は、彼が助けたいと、彼は、保存したい人ユーザーを選択する権利を有します。 シリアのナアマンはヨルダン川に浸りたくなかった。 しかし、しもべは彼に懇願しました、そして、彼は預言者が彼に言ったことをしました、そして、彼の皮膚は清潔にされて、生まれたばかりの赤ちゃんと同じくらい柔らかくなりました。 なぜ神がある人に憐れみを示し、他の人に憐れみを示すのかを説明することはできません。 私たちが個人として努力する必要があるのは、私たちの個人的な決意に集中し、より高いレベルの聖さに向けて取り組むことです。 彼らは彼を石にして町の端に連れて行きたかったが、それは彼の時間ではなかったので、彼は群衆を通り抜けて町を出た。 私たちはイエスを石にするでしょうか。 もし彼が今現れて、悪のレベルが大きすぎると私たちが最終判断の前に罪から離れる必要があると皆に言ったなら、あなたはあなたの罪から離れますか? 神は人々を用い続け、そして彼の母を地上に送って改宗を私たちに呼びかけています。 カバの聖アウグスティヌスは、悪魔の愚かさの中に世界の道が続いていると説いた。 彼もまた一度神から背を向けられ、カルトに加わった。 しかし、彼の貧しい母親が17年間彼のために祈ったので、彼は神の恵みに感動し、教会の父親の一人になりました。 ああ、どうやって彼は自分の母親をどれだけ苦しませたのか、どうして気づいたのでしょう。 今、彼女はただの人間でした。 あなた自身の罪深いことが完全な神を害するとは思わないのですか? 神はあなたを愛しています、しかし彼はありそうに思われるべきではありません。 あなたが神を拒むならば、あなたは神から永遠に分離され、あなたは永遠のすべてのために苦しみと罰を受けるでしょう。 自分のイメージで神を描くのをやめる   そして聖書を読み、教会の先祖から教訓を学び、古い遺言の預言者を読みなさい。そうすれば神は憐れみの神であると同時に完全な正義の神であることがわかるでしょう。 私たちの個人的な箱の中に自分のために神を置いておくのではなく、彼が私たちの中で、そして世界の中で働けるようにしましょう。   アーメン、   アーロンJP

Read More

Cé mhéad ba chóir duit grá a Dhia?

Pasáiste ó Soiscéal an Soiscéil Mark Ch 12: 28-31 “Agus tháinig ceann de na scríbhneoirí suas agus chuala siad go raibh siad ag díospóidí lena chéile, agus go bhfaca siad go maith leo, d’iarr siad air:” Cén ordú atá ar an gcéad dul síos? “   D’fhreagair Íosa, “Is é an chéad cheann, ‘Éist, O Iosrael: An Tiarna ár […]

Read More

Meditation 02/03/2019

Tá léamh an soiscéal an lae an-drámatúil! Tar éis Íosa a léamh ón prophet Isaiah agus a deir go gcomhlíontar léamh na scrioptúir, bhí gach duine sásta agus spreagtha ar dtús, ach is cosúil gur thosaigh bród an duine ag glacadh na ndaoine. Bhí cuid acu ag ceistiú dó. “Nach e mac siúinéir é?” An bhfuil a fhios […]

Read More

Meditation 01/27/2019

Tosaíonn Soiscéal Lúcás ag insint do gach duine conas a d’úsáid sé a chuid taighde pearsanta agus ag déanamh imscrúdú ar a leabhar a thiomsú. Le bheith ina dochtúir, taispeánann sé go soiléir cé mhéad grá agus crafted go cúramach, sonraí a chuir sé ina chuid scríbhneoireachta. Is é Dia an Spiorad a spreag an Spiorad Naomh, […]

Read More