Theology Category

És Isten látta, hogy jó ISTEN SZERETETÉT A VILÁGEGYETEM IRÁNT Aaron Joseph Hackett | Teológia | 2020/04/14

Isten semmitől készített valamit A Katolikus Egyház Katekizmusának oldalainak oldalaiból 27 „ Az Isten iránti vágy az emberi szívbe van írva, mert az ember Isten által teremtett és Isten számára; és Isten soha nem hagyja abba az embert magához vonzza. Csak Istenben találja meg az igazságot és a boldogságot, amelyre soha nem hagyja abba a keresést: Az ember méltósága mindenekelőtt azon a […]

Read More

Og Guð sá að það var gott ÁST GUÐS FYRIR ALHEIMINN Aaron Joseph Hackett | Guðfræði | 04/14/2020

Guð bjó til eitthvað úr engu Af síðum síðanna í trúfræðslu kaþólsku kirkjunnar CCC 27 „ Löngunin til Guðs er skrifuð í hjarta mannsins, vegna þess að maðurinn er skapaður af Guði og Guði. og Guð hættir aldrei að draga manninn til sín. Aðeins í Guði mun hann finna sannleikann og hamingjuna sem hann hættir aldrei að leita að: Virðing mannsins […]

Read More

Agus chonaic Dia go raibh go maith GRÁ DÉ DON CHRUINNE Aaron Joseph Hackett | Diagacht | 04/14/2020

Rinne Dia rud ó rud ar bith Ó leathanaigh leathanaigh Catechism na hEaglaise Caitlicí CCC 27 “ Tá an fonn ar Dhia scríofa i gcroí an duine, toisc gurb é Dia agus Dia a chruthaíonn an duine; agus ní scoireann Dia riamh le fear a tharraingt chuige féin. Is i nDia amháin a bhfaighidh sé an fhírinne agus an sonas nach […]

Read More

E Dio vide che era buono L’AMORE DI DIO PER L’UNIVERSO Aaron Joseph Hackett | Teologia | 2020/04/14

Dio ha fatto qualcosa dal nulla Dalle pagine delle pagine del Catechismo della Chiesa Cattolica CCC 27 “ Il desiderio di Dio è scritto nel cuore umano, perché l’uomo è creato da Dio e per Dio; e Dio non smette mai di attirare l’uomo a se stesso. Solo in Dio troverà la verità e la felicità che non smette mai di […]

Read More

そして神はそれが良かったのを見た 宇宙に対する神の愛 アーロンジョセフハケット| 神学| 2020年4月14日

神は無から何かを作った カトリック教会CCC のカテキズムのページのページから27 「人間は神と神のために創造されたので、神への欲望は人間の心に書かれています。そして神は人を自分に引き寄せることを決して止めません。神の内でのみ、彼は真実と幸福を見つけるでしょう。 人の尊厳は、何よりも神との交わりを求められているという事実にかかっています。神と対話するためのこの招待は、彼が生まれるやいなや、人に向けられます。なぜなら、人間が存在するのは、神が愛を通して彼を創造し、愛を通して彼が存在し続けているからです。彼はその愛を自由に認め、自分の作者に自分を委ねない限り、真実に従って完全に生きることはできません。」[1] 兄弟姉妹は、そのような甘さをすべての被造物と共有したいと願っている全能の神に栄光をささげましょう!彼が私たちに与えてくれるミルクとハニーで楽しむことは、私たちがどれほど素晴らしいと特権を持っているかです。彼が私たちを作成する前は、世界は広大で無効でした[2] 。私は個人的に私たちの愛する神、認める名工としては存在するにすべてを作成しレンス。そのような存在はどこから始めればよいのでしょうか?彼はどうやって乳白色の方法をいくつ作るのか知ったのですか?彼はどのようにして地球を水から切り離そうとしていたのですか?太陽と月を作る?これは、何もないところから起こったのではないでしょう。どうして自分自身を作成することができないのですか?彼の文章から、聖トマス・アクィナスアドレスこの問題大全神学Art.1、OBJの1 「それはすることを思わ作成nothingから何かを作ることではありません。アウグスティヌスは言う:「まったく存在しなかったことを心配すること。しかし、創造することは、すでにあるものから何かを引き出すことによって何かを作ることです。」神は私の心さえも夢見ることができるよりも大きなもの、彼が創造した天使がそのような美しさを理解できるものを生み出されました。そのような美しい世界を探し、宇宙の創造者に「そして彼はそれが良かった」と聞いたことの驚異!   神が「それは良かった」と言っている重要性は、宇宙のマスターは完璧ではないことを何も作らない、「残り物」から何も作らないということです。あなた、私、インドネシア周辺のジャワ海の沖合で獲れた魚、またはリヤドの大都市の外で育てた作物、エルサレムの外で収穫したオリーブの木から作られました。そして、神様の目に完璧に作られ続けるのです。以下のためにも、神ご自身が仕事に答え、 「これは、知識のない言葉で弁護士を暗くするのは誰ですか?あなたの腰を男のようにかき立てて、私はあなたに質問し、あなたは私に宣言します。 「私が地球の土台を築いたとき、あなたはどこにいましたか?理解があれば教えてください。誰が測定値を決定したのか、きっとご存知でしょう。または誰がそれに線を引きましたか?朝の星が一緒に歌い、神のすべての息子が喜びのために叫んだとき、その基盤は何が沈んだか、またはその礎石を築いたか? 「それは子宮から飛び出したときに、ドアで海に閉じ込められた。わたしが雲を衣に、濃い暗闇をその束ねて、定められた境界を定め、棒と戸を置いたとき、こう言った。 [3] 神の偉大さは、この世界の豊かさを超えており、地上を歩んできた人間の王よりも優れています。彼の愛は火であるため、人間の心を燃やします。その愛を共有したいという彼の願望が、彼がすべてのものを創造した理由です。セントトーマスアクィナスは、次のように再度確認します。そして、私たちが創造の名前で指定するこの発散。ここで、特定の発散によって進行するものは、その発散を前提としません。人間が生成されるときのように、彼は以前ではありませんでしたが、人間は「非人」から作られ、白は「非白人」から作られます。したがって、万物全体の第一原理からの発散を考慮すると、この発散の前に存在を前提とすることは不可能です。何もないことと同じではありません。したがって、人間の生成は「人間ではない」である「存在しない」からであるので、すべての存在の発散である創造は、「存在しない」である「存在しない」からのものです。[4] 私たちの兄弟姉妹はそれぞれ、彼によって素晴らしく作られました。あなたの地上の母と父があなたを抱いて、あなたの周りに美しい毛布が巻かれていることを確認してください。彼らがあなたの笑顔とそれらの大きくて美しい目を大事にする方法。彼らがあなたの顔を見る方法、あなたの頭の形。その小さな体を抱きしめ、その内面の性質の中で、あなたが確実に守られ、守られるようにしてください。さて、神を想像してみてください。どのようにして対面していないにも関わらず、彼はあなたを心の中で作っていました。彼は最高の贈り物を知っていた種類の体の何を与えるために、知っていたのあなたの心の中に移植すること。これらの機能のほとんどは、彼が作った美しい魂です。この魂は彼が作ったどんな石よりもとても貴重です。それはあなたの肉体を生き生きとさせるエッセンスです。それはあなたにあなたの個性、あなたの笑いと人間としてのあなたの性格を与えます。  「それから、主なる神は地面から塵の人を造り、そして彼の鼻孔に命の息を吹き込んだ。そして人間は生き物になった。そして主なる神は東のエデンに庭を植えました。そしてそこに彼が形成した人を置いた。」 [5] 虚空と暗闇の中で水の上に浮かんだのと同じ精神は、私たちを彼のイメージに、彼の中で喜びを持つことを成し遂げた生きた神の霊と同じです。これについて個人的に考えてください。神は私たちを必要としませんでした。彼は自分の作品を楽しむために誰かを作る必要はありませんでした。彼は私たちなしでやって、彼の傑作と平和であったかもしれません。しかし、彼は誰かが彼の喜びを分かち合いたかったのです。昇進したとき、最初の子孫がいたとき、最初に私があなたを愛していると言ったとき、最初に結婚したときの喜びですが、この喜びは永遠の高さであり、純粋でとても甘いです。私たちは天国に達するとの彼の強大な存在にしているしているときには、この「蜂蜜は」のみ、味わっている至福のビジョン。時間、才能、宝物を無駄にしないようにしましょう。私たちのケア下にある動植物を乱用しないでください。私たちに何もしてみましょうありませんトンの害をか私たちは生ける神のすべての子供がいるために、お互いを傷つけます。神が私たちに与えてくださった贈り物に喜び、感謝しましょう。 神の慈悲に触れられた素晴らしい人からのこの引用を振り返ってください、 「神は私たちを自由に創造し、私たちがこの人生で彼を知り、愛し、奉仕し、彼と永遠に幸せになることができるようにしました。私たちを創造する神の目的は、私たちから地上の愛と奉仕の反応を引き出し、天国で彼との永遠の幸せという目標を達成できるようにすることです。 この世界のすべてのものは、私たちのために作成された神の賜物であり、私たちが彼をよりよく知り、より確実に愛し、より忠実に彼に仕える手段となるために作成されました。 結果として、私たちはこれらの神からの贈り物を感謝し、私たちが神への奉仕と団結を愛するという私たちの目標に向けて私たちを助ける限りにおいて使用すべきです。しかし、作成されたものが私たちの目標への進歩を妨げる限り、私たちはそれらを手放すべきです。」 ― ロヨラの聖イグナチオ   ありがとう、神の祝福があなたに臨み、彼に平安を与えてくださいますように!   アーロンジョセフハケット   [1] カトリック教会CCC27のカテキズム   [2] 創世記1:1-2 [3] ヨブ38:1-11 [4] Summa Theologiae 質問45、答える [5] 創世記2:7-8

Read More

하나님은 그것이 좋은 것을 보았습니다 우주에 대한 신의 사랑 아론 조셉 해켓 | 신학 | 04/14/2020

하나님은 아무것도 아닌 것을 만드셨다 “ 가톨릭 교회 교리 문답 페이지 CCC 27 페이지에서 “ 하나님에 대한 소망은 인간의 마음에 기록되는데, 왜냐하면 사람은 하나님과 하나님에 의해 창조 되었기 때문입니다. 그리고 하나님은 결코 사람을 자기 자신으로 이끌지 않으신다. 오직 하나님 안에서만 그는 진리와 행복을 찾지 않을 것입니다. 인간의 존엄성은 무엇보다도 그가 하나님과 교통하도록 부름 받았다는 사실에 근거합니다. 하나님과 대화하라는이 초대는 사람이 존재하자마자 해결됩니다. 사람이 존재한다면 […]

Read More

God Xwedê dît ku baş e EVÎNA XWEDÊ JI BO GERDÛNÊ Aaron Joseph Hackett | Teolojî | 04/14/2020

Xwedê tiştek ji tiştek nekir Ji rûpelên Rûpelên The Katekîzîzma Dêra Katolîk CCC 27 ” Daxwaza Xwedê di dilê mirov de tête nivîsîn, ji ber ku mirov ji hêla Xwedê ve û ji bo Xwedê ve hatî afirandin. û Xwedê qet nahêle mirov li ber xwe bide. Tenê di Xwedê de ew ê rastî û bextewariyê bibîne ku ew ji lêgerînê […]

Read More

Кудай анын жакшы экенин көрдү КУДАЙДЫН ААЛАМГА БОЛГОН СҮЙҮҮСҮ Аарон Джозеф Хэкетт | Теология | 04/14/2020

Кудай бир нерсени жоктон жараткан Католик чиркөөсүнүн Катехизминин баракчаларынан CCC 27 “ Кудайга болгон каалоо адамдын жүрөгүндө жазылган, анткени адам Кудай жана Кудай үчүн жаратылган; Кудай эч качан адамды өзүнө жакындатат. Чындыкты жана бакытты Кудайдан гана табат, ал эч качан издөөнү токтотпойт: Адамдын кадыр-баркы баарынан мурда анын Кудай менен баарлашууга чакырылгандыгында. Кудай менен сүйлөшүү жөнүндөгү чакырык адам пайда болгон замат чакырылат. Эгерде адам […]

Read More

Et vidit Deus quod esset bonum DEUS CARITAS EST QUIA UNIVERSUM Nabu Aaron Josephum | theologia | 04/14/2020

Quod Deus ex nihilo Ex ad paginas et paginis Et Catechismus Catholicae Ecclesiae CCC XXVII « Desiderium Dei scriptum est in corde humano, quia homo a Deo et ad Deum creatus est; Deus autem hominem ad Se allicere non desinit. Et solummodo in Deo inveniet veritatis investigatione et beatitudinem quas indesinenter exquirit: De dignitate humanae eximia ratio in vocatione hominis ad […]

Read More

Un Dievs redzēja, ka tas bija labi DIEVA MĪLESTĪBA UZ VISUMU Ārons Džozefs Hakets | Teoloģija | 2014.04.14

Dievs kaut ko radīja no nekā No katoļu baznīcas CCC 27 katehisma lappušu lappusēm “ Cilvēka sirdī ir rakstīta vēlme pēc Dieva, jo cilvēku rada Dievs un Dievs; un Dievs nekad nebeidz pievilināt cilvēku pie sevis. Tikai Dievā viņš atradīs patiesību un laimi, kuru nekad nepārstāj meklēt: Cilvēka cieņa galvenokārt balstās uz to, ka viņš tiek aicināts uz kopību ar Dievu. Šis aicinājums sarunāties […]

Read More