Religion Category

Οι κίνδυνοι των δαίμων της Jezebel / Ahab Ααρών JP Hackett | Demonology | 05/12/2019

Από το Βιβλίο των Βασιλέων 1 29-34 «Στο τριακοστό όγδοο έτος του Ασά βασιλέως του Ιούδα, ο Αχαάβ, ο γιος του Αμρί άρχισε να βασιλεύει στον Ισραήλ, και ο Αχαάβ, ο γιος του Αμρί βασίλευσε επάνω στον Ισραήλ στην Samar’ia είκοσι δύο χρόνια .   Και ο Αχαάβ, ο γιος του Αμρί, έκανε κακό εν όψει του Κυρίου περισσότερο από όλους όσους ήταν μπροστά του. Και σαν να […]

Read More

הסכנות של השדים איזבל / אחאב אהרון JP אקט | דמונולוגיה | 05/12/2019

מתוך ספר מלכים א, כט-לז “בשנה השלושים ושמונה של עשיו מלך יהודה, אחאב בן עמרי החל למלוך על ישראל, ואחאב בן עמרי מלך על ישראל בסמריה עשרים ושתיים שנה .   ו אחאב בן עמרי עשה הרע בעיני ה ‘יותר מכל אשר לפניו. וכאילו היה קל לו ללכת בחטאי ירבעם בן נבט , הוא לקח את אשתו ג’זבל בתו של איתבעאל מלך הסידונים , והלך ושירת את בא אל , וסגדה לו. הוא הקים מזבח לבעל בבית בעל , שבנה בסמריה .   ואהב עשה אשארה . אחאב עשה יותר כדי לעורר את […]

Read More

A Jezebel / Ahab démonok veszélyei Aaron JP Hackett | Demonológia | 2019/05/12

A Book of 1 Kings 29-34 „A harmincnyolcadik évében Asa, Júda királyának Akháb, az Omri fia kezde uralkodni Izráelen, és Ahab, az Omri fia uralkodott Izrael Samar’ia huszonkét éves .   Akháb pedig, azOmri fia, rosszul cselekedék az Úr szemei ​​előtt, mint mindazok, a kik előtte voltak. És ha lett volna egy könnyű dolog neki, hogy menjen a bűneit Jerobo’am a Nébát fiának, ő vette a felesége Jez’ebel leányaEthba’al király a Sido’nians, és elment, és szolgált Ba ‘al, és imádták őt. Ő emelt oltárt Baál házában Baál, amit épített Samar’ia.   És csinálá Aháb Ashehátot . Aháb többet tett az Úrnak, az […]

Read More

Jezebel / Ahabデーモンの危険性 アーロンJPハケット | 悪魔学 | 05/12/2019

ユダの王アサの第三十八年に 1キングス29-34」 の書からは 、アハブが オムリ の息子は、 イスラエルの上に君臨し始めた、とアハブ オムリ の息子は、22 年 Samar’ia にイスラエルを治めました 。   そして、アハブは オムリ の息子は もっと彼の前にいたことすべてよりも主の目の前に悪を行いました。 それは彼が Jerobo’am ネバテ の息子 の罪に歩くための光のことであったかのように 、彼は妻の Jez’ebel ため Sido’nians の Ethba’al 王 の娘を 取り 、行き及び Baを 務めました 「アルは 、彼を崇拝していました。 彼は Samar’ia に建て Ba’al の家に Ba’al ための祭壇を建てました 。   そしてアハブは アシュラを 作った 。 アハブはイスラエルの神である主を彼の前にいたイスラエルのすべての王たちよりも怒らせるためにもっと挑発した。 彼の時代 にベテルの ハイエル はエリコを建てた。 彼 はヌンの子ヨシュアが語った主の言葉によると、 彼は彼の最初に生まれた アビラムを 犠牲にしてその基礎を築き 、彼の末っ子 セグブを 犠牲にしてその門を 建てた 。 王の書をさらに読むと、イゼベルはとても邪悪な人でした。 彼女は自分自身を気にするだけでした。 彼女は注目の的になりたいと願っていて、すべての賞賛は彼女を通してのみやってくることを望んでいます。 彼女はこのユダヤ人の王をあなたの神、主を放棄し、地獄の主な悪魔の一人である悪魔バアルを崇拝することに影響を及ぼしました。 アハブは少しずつ、王として、そしてエゼベルを喜ばせるための王としての権利を放棄しました。   カトリック教会のカテキズム から 2113 「偶像崇拝は、偽異教の崇拝を指すだけではありません。 それは信仰への絶え間ない誘惑のままです。 偶像崇拝は、神ではないものを神聖にすることから成ります。 神が悪魔であるか悪魔であるかにかかわらず、神の代わりにクリーチャーを尊重し、崇拝するときはいつでも、人は偶像崇拝を行います、権力、喜び、人種、祖先、国家、金銭など。神とマンモン。」 そのような崇拝を模倣することさえ拒む「獣」を崇拝しないことで、多くの殉教者が死にました。 偶像崇拝は神の独特の主権を拒否します。 それゆえ、神との交わりと互換性がありません。 彼らは地獄のトップ5将軍の1から自分の注文を取ることを意味し、マイナーな悪魔『」これらは考慮されているものです』。 Ahabの悪魔は最初に、特に結婚生活の中で、男性の信頼を破壊するために働きます。 彼 は心臓の防御 を 破る ように頼み ます 。 彼はその男に、「とにかく彼女をコントロールすることはできないので、あなたの配偶者が何をするかについて心配するべきではない」と言います。彼は半真実を使うのが好きです。 あなたが彼のアイデアを買い始めると、それから彼はその男を無気力にします。 その男はそれから非常に落ち込んでなり始めます。 悪魔はより大きな集団で働くので、「鬱病」の症状は他の悪魔にそれを広げて心をさらに崩壊させます。 横になっている霊(隠蔽、詐欺、役割の逆転)とある種の不潔な霊(真実のゆがみ、強迫)が力を合わせて、結局、その男は気にしなくなり、怠惰になり、敗北します。 サタンに家の権威者として彼はついに彼の神を与える権利を「放棄しました」。 イゼベルの霊は女性の「自由な選択」を狂わせます。 それは彼女の心の中で「神のようになる」という願望を生み出しました。それはすべての堕天使たちの実は 最も高い 神の完全な拒絶であることを意味し ます。 それはそれから女性に「支配」の感覚を与える。 それは彼女がこの「力」を感じることを可能にし、それゆえに、彼女は反乱の大暴れに向かっています。 彼女は体を切り裂き、彼女は生まれたばかりの子供をバアルに血の中の犠牲で捧げます。そして彼女は男が自分の上にいるという考えを拒絶し、そして彼女は「自由」になるでしょう。   しかし、神は女性が物として扱われることを決して意図しませんでした。 女性は男性と同じ点で扱われるべきですが、結婚生活の中で自然な調和があります。 神はその男を「世帯主であり妻が家族の必要に応じる」ことを意図しておらず、女性が殴打され、虐待を受け、より悪く扱われるべきであると神の言葉のどこで述べているのでもありません。動物より。これがJezebel / Ahabの悪魔がすることです、彼らは真実をそんなにひねり、長い間嘘を聞いた後、あなたはもはや誤った所持から真実を語ることはできません。 イゼベルは「ソドミテの牧師の女王」としても知られています。 (イシュタル、インキュバス、スピリットの殺害、不道徳に伴う純の殺害。 カトリック教会のカテキズム2114 「人間の生活は一つの神の崇拝にその一致を見いだします。 一人で主を崇拝するという戒めは人を統合し、彼を果てしない崩壊から救います。 偶像崇拝は、人間の先天的な宗教的感覚の狂いです。 偶像崇拝者は「彼の破壊不可能な神の概念を神以外の何かに移す」人です。 目標は結婚生活を破壊することです。 もちろん、他の要因によって結婚が破壊されることもあります。 (性的虐待、薬物、アルコール依存症など)しかし、このトピックの主な目的のために、彼らは結婚をやめ、「自己崇拝」を促進したいのです。 どうやってこれらの悪霊を克服しますか? まずあなたは自分の罪の赦しを求める必要があります。 私のすべてのブログから、私は教会の教え、神の言葉、そして初期の教会の父の教えから何度も引用してきました。それは罪が悪魔への連鎖を生み出すということです。 あなたの罪が神によって赦されれば、司祭を通して、あなたは癒しのプロセスを始めることができます。 あなたが霊的な監督を手に入れることをお勧めします。彼/彼女があなたを司祭に導いて、彼があなたに軽い悪魔払いを祈らせるようにするためです。 祈られた後、あなたは自分のやり方を変えなければなりません。 あなたは教会のすべての秘跡を受けなければなりません、あなたは毎日神の言葉を読み、神の預言者と聖徒の例に従う必要があります。 ロザリオを祈ってください、神は悪魔の頭をつぶすように割り当てられているので、悪魔は聖母マリアを憎みます。 大天使、マイケル、ラファエル、ガブリエルの仲裁を求める。 あなたには守護天使が割り当てられています。 イエス・キリストは最も強力な名前です。   ローマ人14:10 「なぜあなたはあなたの兄弟に裁きを下すのですか。 それとも、なぜあなたはあなたの兄弟を軽蔑するのですか? 私たちは皆、神の裁きの座の前に立つのです。 以下のためには、「私が生きているように、主は言う、すべてのひざは私にかがみ、すべての舌は神に告白しなければならない。」、書かれている ので、 それを私たちのそれぞれが、神に自分自身のアカウントを与えるだろう。」 私たちは常に起動してもよいです彼の貴重な血によって彼は甘いイエス・キリストの名前、彼は悪魔を打ち負かし、人類への救いに向かって働いています。 私達は私達の弱さを克服しそして神が私達の人生に入って来ることを可能にするために速く祈る必要があります。 以下は、この問題についてカトリックの司祭と連絡を取り合うこととともにお勧めする祈りです。 悪魔の影響を取り除く 主イエス・キリストよ、私の罪深い批判、憤慨、憤慨、反抗、頑固さ、容赦のない、ゴシップ、不服従の一因となっている悪魔の影響すべてを取り除き、深遠に拘束するために、戦闘天使の特別な任務を送ってください。 、争い、暴力、離婚、告発、怒り、操作、嫉妬、欲、怠惰、復讐、欲望、支配、コントロール、報復、利己主義、欺瞞、欺瞞、不正直、不信、誘惑、欲望、ポルノ、オナニー、偶像崇拝、魔術。 あなたの天使の戦士たちが私の身体的、精神的または精神的な神経障害、肺障害、脳障害または機能障害、エイズ、癌、心気症、多動、うつ病、統合失調症、疲労の原因となった悪魔の影響を取り除いて拒食症、過食症、中毒、大食い、完全主義、アルコール依存症、性的倒錯、自殺未遂、近親相姦、小児性愛、レズビアン、同性愛、姦淫、混乱、先延ばし、自己嫌悪、孤独、不安、疑い、抑圧、拒絶、貧弱な自己イメージ、不安、恥、恐れ。 私は今日、主イエス・キリストの力を通して起こり、聖霊の平和、忍耐、愛、喜び、優しさ、寛大さ、誠実さ、穏やかさ、自制心、謙虚さ、許し、善、幸福の賜物で満たされるよう求めます。しつけ、真実、放棄、良い自己イメージ、繁栄、慈善団体、従順、健全な心、キリストの実現、他者の受容、信頼、依存症からの解放、支配の自由、恥からの解放、全体性、健康、健康、知恵、知識、理解、そして主イエス・キリストの光と命。 アーメン。 邪悪な霊を縛る ナザレの主イエス・キリストの名の下に、私は全能の神、全能の悪魔、悪魔の力、悪魔の力、主体性、そしてすべての王と恐怖の王子を空から結合する全能の主なる神の力をもって立ちます。 、水、火、地面、地獄、そして邪悪な自然の力。 私は私に送られたすべての悪魔の割り当てと破壊の機能に対する権威を持ち、すべての悪魔の力を弱められ、イエス・キリストの敗北した敵にさらします。 私は、全能の神であるキリストのすべての敵と、その最高の権威のもとにあるすべての悪魔の実体とを結びつける力をもって立ち、二度と戻らないようにこれらの霊を深淵に命じます。 私は今日、天国のホスト、神の聖なる天使たちを呼び、神の聖なる光で取り囲みそして保護し、悪の勢力によって空けられたすべての領域を浄化する全能の神、主の力によって起こります。 私は聖霊様に、私の心、心、体、魂と霊を浸透させ、神の聖なる言葉に対する飢えと渇きを作り出し、そして私の主なるイエス・キリストの命と愛で私を満たすように願います。 配達の祈りを閉じる 主イエス様、私の眠りの精神を目覚めさせ、私をあなたの光の中に導いてくれてありがとう。 主よ、私の心を新たにして私を変えてくれてありがとう。 主よ、あなたの御霊を私に注ぎ出し、あなたのことばを私に明らかにしてくださってありがとうございます。 主よ、あなたの天使たちに、私をあらゆる面で起訴してくれてありがとう。 私があなたを信頼してくれてありがとう、そして私の最も内側の存在から生きている水の川を流れることになるでしょう。 私の心と心を、父の愛と、すべての道の堅実さに向けてくれてありがとう。 あなたの人生と愛、私の主と王、イエス・キリストであふれているように私を満たしてください。 神様のお恵みがありますように アーロンJP  

Read More

이세벨 / 아합 귀신들의 위험 아론 JP 해켓 | 악마학 | 2014 년 5 월 12 일

유다 왕 아사의 서른여덟번째 년에 1 킹스 29-34 “의 책에서 아합은 오므리의 아들 이스라엘 왕이되었을, 아합 오므리의 아들 이십이년 Samar’ia 이스라엘 통치 .   오므리 의 아들 아합이 그 앞에 있었던 모든 것보다 여호와 보시기에 악을 행 하였더라 그것이 그를 Jerobo’am 느밧의 아들의 죄에 걷는에 대한 가벼운 일이 있었던 것처럼, 그는 아내 Jez’ebel의 Sido’nians의 Ethba’al 왕의 딸을 가지고 가고, 가서 학사 학위를 제공 ‘알 , 그를 숭배했다. 그는 Samar’ia 내장 바알의 집에서 바알을위한 제단을 세웠다.   아합은 Ashe’rah했다. 아합은 이스라엘의 하느님 야훼를 자극하여 이스라엘의 모든 왕보다 더 분노하게 하였다. 베델의 하이 엘 은 그의 시대에 여리고를 건축했습니다. 그는 Abi’ram의 비용의 토대를 마련 그의 첫 번째 태어난 그는 눈의 아들 여호수아가 말씀하신 주님의 […]

Read More

I pericoli dei demoni Jezabel / Ahab Aaron JP Hackett | Demonologia | 2019/05/12

Dal libro di 1 Re 29-34 “Nell’anno trentottesimo di Asa, re di Giuda, Achab figlio di Omri cominciò a regnare su Israele, e Acab figlio di Omri regnò su Israele a Samaria in ventidue anni. .   E Achab, figlio di Omri, fece ciò che è male agli occhi del Signore più di quanto lo fosse prima di lui. E come se fosse stata una cosa leggera per […]

Read More

Die Gefahren der Jezebel / Ahab-Dämonen Aaron JP Hackett | Dämonologie | 05/12/2019

Aus dem Buch der 1. Könige 29-34 „Im achtunddreißigsten Jahr Asas, des Königs von Juda, regierte Ahab, der Sohn Omris , über Israel, und Ahab, der Sohn Omris, regierte zweiundzwanzig Jahre über Israel in Samaria .   Und Ahab, der Sohn Omris, tat mehr Böses vor dem Herrn als alles, was vor ihm war. Und als ob es für ihn leicht gewesen wäre, in den Sünden Jerobeams, des Sohnes Nebats , zuwandeln , nahm er Jez’ebel, die Tochter von Ethba’al, […]

Read More

Les dangers des démons Jézabel / Achab Aaron JP Hackett | Démonologie | 05/12/2019

Du livre des 1 rois 29-34 «La trente-huitième année d’Asa, roi de Juda, Achab, fils d’ Omri, régna sur Israël, et Achab, fils d’ Omri, régna sur Israël à Samarie, pendant vingt-deux ans. .   Et Achab, fils d’Omri, fit ce qui est mauvais aux yeux de l’Éternel, plus que tous ceux qui étaient devant lui. Et comme si elle avait été une chose légère pour lui […]

Read More

Periculorum esset totius Jezabel / Achab daemoniorum JP Aaron Nabu | demonology | 05/12/2019

Ex Libro I Regum 29-34 “anno autem tricesimo octavo Asa regis Iuda et regnavit Ahab filius Amri regnavit super Israel, et regnavit Ahab filius Amri super Israhel in Samaria viginti et duobus annis .   Et fecit Ahab filius Amri malum in conspectu Domini super omnes qui fuerunt ante eum. Et quasi ante fuerit Nec suffecit ei ut ambularet in peccatis Hieroboam filii Nabath qui tulit uxorem Hiezabel locutus estad regem filia Ethba’al Sidoniorum et abiit et servivit Ba ‘al, et adoraverunt […]

Read More

Jezebela / Ahaba dēmonu briesmas Aaron JP Hackett | Demonoloģija | 05/12/2019

No 1. ķēniņa 29-34 grāmatas “Jūdas ķēniņa Asa trīsdesmit astotajā gadā Ahabs, Omrija dēls, sāka valdīt Israēlu, un Ahaba dēls Omri valdīja Israēlu Samarijā divdesmit divus gadus. .   Un Ahabs, Omrijadēls, darīja ļaunu Kunga acīs, nekā visi, kas bija pirms Viņa. Un, kā tad, ja tas būtu bijis viegls lieta viņam staigāt grēkos Jerobo’am dēls Nebata, viņš ņēma par sievu Jez’ebel meitai Ethba’al ķēniņaSido’nians, un gāja un kalpoja Ba ′ Al , un pielūdza viņu. Viņš uzcēla altāri par Ba’al namā Ba’al, kuru viņš celta Samar’ia.   Un Ahabs darīja Ashehrahu . Ahabs […]

Read More