罪のない人の血で、神をnding シンガポール、Singapore停止

この主のしもべがこのブログを始める前に、私はカトリック教会の承認を得て悪魔払いを行う2人の牧師のYouTubeからの2つのビデオリンクを同封しました。https://www.youtube.com/watch?v=8d5PkEZ6bvA と https://www.youtube.com/watch?v=TMcvZaiBwe4 。 私はこのビデオが他の言語に翻訳されることを願っています。なぜなら彼らは世界中で蔓延している悪について語るべきことがたくさんあるからです。

 

この国(米国)で可能にされている新しい中絶法で、なぜ私たちは「最上級の神を信じる者たち」が立ち止まって何も言わないのですか? カトリック教会のカテキズム(CCC 2270)   「 人命は尊重され、概念の瞬間から絶対に守られなければなりません。 彼の存在の最初の瞬間から、人間は人の権利を持つものとして認識されなければならない- 。生活にすべての罪のない存在の不可侵の権利であるそのうち」 何か悪は別の国で起こるとき、私たちは何かを言うために迅速です。 私たちはソーシャルメディアにリンクやビデオをあふれさせる、私たちは世界に介入する私たちの政府高官を書きます。 私たちは不正と闘う最前線にある支援団体にお金を送っています、それでも、ここで起こっている不正があります。 事実、あなたが神の民と世界の歴史を見ると、この中絶の悪は非常に長い間続いています。 それは悪魔への血の捧げ物です。 旧約聖書の時から現在まで、その悪霊は多くの名前と呼ばれてきましたが、根は同じです。 それは全能の神とこの儀式に参加する人々を怒らせているので、子供を殺すことによって、それはこの邪悪な行動に喜ばれます。

 

創世記4:10-11 「そして主は言われた、「あなたは何をしましたか。 あなたの兄弟の血の声が地面から私に泣いています。   そして今、あなたはあなたの手から、あなたの弟の血を受け取るためにその口を開いた地面から呪われています。」 どんな理由であれ、世界で殺害されたひとつひとつの子供を、彼らの血は、正義のために全能の神に叫んれます。 あなたのキャリアについて考えなければならないので、世界はあなたのためにあなたの子供を殺すように言うでしょう、あるいは多分彼らはあなたがすでにあまりにも多くの子供がいる、またはあなた自身についてだけ考える必要があるとあなたに言っています。 子宮の中の子供は魂を持っていないと言う人もいますが、それは理由のない「組織の塊」だけです。   彼らは形而上学的な方法であなたのためにそれを説明します。 「胎児は体の中に形成される組織の問題にすぎないので、魂はありません。 だから、それは魂を持っていないので、それは理性のある生き物ではありません。 それで、結論として、この胎児が魂なしでまたは自然な理由なしで生まれているので、それがそれを打ち切ることをあなたに邪魔するべきではない、それは人間ではないので」。 セントトマスアクィナスは、彼の執筆中、 ” Summa Theologica Q. 76 “ 異議4 。 さらに、権力と行動は同じ主題を持っています。 同じ主題が行動することができる、そして行うことです。 しかし、知的行動は、上から見たように、身体の行動ではありません(I:75:2)。 したがって、知的教員も身体の力ではありません。 しかし、美徳や力は、教員や力が由来する本質よりも抽象的なものでも単純なものでもあり得ません。 それゆえ、知性の実体は体の形でもありません。

異議5. さらに、それ自体存在するものは何でもその形式として身体に統一されていない。 なぜなら、フォームは物が存在するものであるからです。つまり、フォームの存在そのものがフォームに属するものではありません。 しかし、知的原則はそれ自体存在しており、先に述べたように無意味です(I:75:2)。 それゆえそれはその形態として身体に合体していない。   St. Thomas Aquinasは、 「人間の魂は、その完全性のために、物質的に統合された形態ではなく、完全に物質に包含された形態ではない」 と主張する 。 それゆえ、魂は本質的には体の形であるが、その威力が身体の行為ではないことを妨げるものは何もない。」 そして 「魂はそれが存在する存在を体の問題に伝える。そこに魂が存在の団結をもたらします。 複合体全体の存在が魂の存在でもあるように。 これは他の非従属形式の場合には当てはまりません。 この理由のために、人間の魂は体の解散の後にそれ自身の存在を保持します。 一方、他の形式ではそうではありません。」

 

St. Thomas Aquinasは、私たちの体は単なる問題以上のものであると指摘しています。それは「全能の存在」によって生み出されたものです。 人間が偉大な贈り物を持って生まれていないことをどうやって否定できるのでしょうか。 もし私たちが単なる「野獣」だったら、なぜ神は私たちを彼のすべての被造物のどれよりも特別なものにしたくないのでしょうか。( CCC 357 )「 神の像の中にいるということは、人間であるということは、ただの何かではなく、誰かの尊厳を持っているということです。 彼は自己知識、自己所有、そして自由に自分を与えそして他の人々との交わりに入ることができます。 そして、彼は自分の創造主との契約に恩恵を受けて、他のいかなる生物も彼の代わりに与えることができない信仰と愛の応答を彼に提供し ます。 誰もが素晴らしいものになる可能性を秘めています。 一人一人がこの地球上で彼のために “特別な使命”を持っています。 神は皆が医者や弁護士になることを探しているのではありません。 どんなスキルレベルや才能を持っていても、それは全能の神の栄光のために使われています。 神は人類を共同体となるように創造されました。 私たちは皆、普遍的な兄弟愛や姉妹生活を送るために呼ばれています。   詩篇139:13-18 「あなたは私の内なる部分を形作らなかったので、あなたは私の母の子宮の中で私を一緒に編みました。 私はあなたをたたえます。 あなたの作品は素晴らしいです! あなたは私をよく知っています。 私が秘密にされていたとき、私のフレームはあなたから隠されず、複雑に地球の奥深くに作られました。 あなたの目は私の知られていない物質を見た。 あなたの本には、一人一人、私のために形成された日々が書かれていました。 神よ、あなたの考えは私にとってどれほど貴重なのでしょう。 それらの合計はどれほど広大です。 私がそれらを数えるならば、それらは砂以上のものです。 彼は私たちに彼の愛を共有したいと思ったので 、私は目を覚ましたとき、私はあなたと共に今でも思います。」 神は彼のイメージと似ですべての人を作成しました。 神は私たちを愛しているので、私たちは全能の神の像の中に造られているので、私たちは人間として特別な場所を持っています。私たちを愛し、創造した愛。

 

シラカ49:7-9 「彼らは彼を苦しめたからである。 それでも彼は子宮の中で預言者として、摘発し、苦しみ、破壊し、そして同様に造り、植えるために奉献されていました。 神がケルビムの戦車の上に彼に示された栄光のビジョンを見たのはエゼキエルでした。 なぜなら 、私たちの弱い人間の情熱が彼を傷つけたとしても、神は私たちを愛しておられるのです。 私たちは皆、より高いレベルの聖さを求められます。 あなたが中絶することに決めたあの赤ちゃんは、ついにエイズの治療法を見つける医者になったかもしれません、多分彼/彼女は次の偉大な哲学者になるでしょう。 あの赤ちゃんは、出身国の不正を終わらせる次の偉大なリーダーになるかもしれません。 彼らは将来から奪われているので、我々は時間の終わりまで知ることは決してないだろう。 私たちは、神様を演じるのをやめ、神様だけに誰が生き、誰が死ぬかを決めさせる必要があります。 私たちのうち誰が太陽に沈むように言うことができますか? あなたはあなたに従うように風と波を命じることができますか? あなたは宇宙全体を導く力を持っていますか? あなたは人の罪を解放することができますか? 時間と空間を動かす力を持つのは神だけであり、罪を許すことができるのは神だけであり、他の人を連れて来るために地上の特別な人々を選ぶ権威と権利を持つのは神だけです。   イエスは、神が私たち一人一人をどれほど愛しておられるかについて私たちに教えるために、言葉の化身として地上に来ました。 イエスは自分自身を神への完全な犠牲として捧げました。 神はすでに人類の罪によって犯されているので、私たちはこの無意味な無実の殺害をやめなければなりません。 ( CCC 1703) 「「精神的で不滅の」魂に恵まれて、人間は「神が自らのために望んでいた唯一の地球上の生物」です。」

 

永遠で愛情のある神様、私達はあなたの創造を殺すために人類を許すようあなたにお願いします。 私たちは、あなたがその母親に与えたその子供の祝福を捨てる人々を代表して許しを求めます。 私たちは私たちの生活の中で起こる恐ろしいことの状況を制御することはできませんが、私たちには神のようになり、誰が生き、誰が死ぬのかを決める権利はありません。 私達はこれらの母親と父親が彼らが必要とする癒しを受けることを頼みます。 この世でなされている血のいけにえを終わらせるよう全能の神にお願いします! サタンの頭をつぶして世界中の中絶クリニックをすべて閉じるために、私たちは謙虚にグアダルーペの聖母を呼び出します。 私たちはイエスに世界の目を開いて彼らの心を邪魔している石を破るように頼みます。私たちはこれを最も高い神、アーメンの名において尋ねます。

 

神の憐れみと平和がいつもあなたの上に来るように。

 

アーロンJP

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: