瞑想02/03/2019

今日の福音書朗読はとても劇的です! イエス様が預言者イザヤ書を読み、聖書の朗読が成就したと言われた後、最初はみんな幸せで興奮していましたが、人間の誇りが人々を引き継いだようです。 何人かは彼に質問していました。 「彼は大工の息子ではないですか?」私たちは彼の家族が誰であるかわからないのですか? このような質問が発生したとき、それは彼らが彼自身よりよく自分自身を見ることを意味します。 しかし、あなたが旧約聖書で起こったことすべてを見るとき、ユダヤ人は物事を信じるのが遅く、彼らが神から背を向けるとき、それは彼らが罪深いことから背を向けるために何かを送らなければなりません。 イエスは彼らに 「預言者は自分の出身地では受け入れられません」 と言われました 。   もしあなたが大きな罪人であるならば、あなたが悔い改めて彼に引き返すことができるように、彼は病気を送るか、あるいはあなたを苦労するかもしれません。 あなたのわがままにしがみつくのをやめなさい。 神はみんなのためです! ユダヤ人だけでなく、クリスチャンやイスラム教徒だけでなく、すべての彼の創造のために。 「しかし、実は、私はあなたに言います。エリヤの時代、天国が3年6か月の間閉鎖されたとき、イスラエルには多くの未亡人がいました。 そしてエリヤは彼らの誰一人としてではなく、未亡人であった女性のために、シドンの地にいるザールエファトにだけ送られた。 そして預言者エリシャの時代にイスラエルには多くの助手がいました。 そしてそれらのどれもきよめられなかったが、唯一のNa’amanシリア。」 神は、彼が助けたいと、彼は、保存したい人ユーザーを選択する権利を有します。 シリアのナアマンはヨルダン川に浸りたくなかった。 しかし、しもべは彼に懇願しました、そして、彼は預言者が彼に言ったことをしました、そして、彼の皮膚は清潔にされて、生まれたばかりの赤ちゃんと同じくらい柔らかくなりました。 なぜ神がある人に憐れみを示し、他の人に憐れみを示すのかを説明することはできません。 私たちが個人として努力する必要があるのは、私たちの個人的な決意に集中し、より高いレベルの聖さに向けて取り組むことです。 彼らは彼を石にして町の端に連れて行きたかったが、それは彼の時間ではなかったので、彼は群衆を通り抜けて町を出た。 私たちはイエスを石にするでしょうか。 もし彼が今現れて、悪のレベルが大きすぎると私たちが最終判断の前に罪から離れる必要があると皆に言ったなら、あなたはあなたの罪から離れますか? 神は人々を用い続け、そして彼の母を地上に送って改宗を私たちに呼びかけています。 カバの聖アウグスティヌスは、悪魔の愚かさの中に世界の道が続いていると説いた。 彼もまた一度神から背を向けられ、カルトに加わった。 しかし、彼の貧しい母親が17年間彼のために祈ったので、彼は神の恵みに感動し、教会の父親の一人になりました。 ああ、どうやって彼は自分の母親をどれだけ苦しませたのか、どうして気づいたのでしょう。 今、彼女はただの人間でした。 あなた自身の罪深いことが完全な神を害するとは思わないのですか? 神はあなたを愛しています、しかし彼はありそうに思われるべきではありません。 あなたが神を拒むならば、あなたは神から永遠に分離され、あなたは永遠のすべてのために苦しみと罰を受けるでしょう。 自分のイメージで神を描くのをやめる   そして聖書を読み、教会の先祖から教訓を学び、古い遺言の預言者を読みなさい。そうすれば神は憐れみの神であると同時に完全な正義の神であることがわかるでしょう。 私たちの個人的な箱の中に自分のために神を置いておくのではなく、彼が私たちの中で、そして世界の中で働けるようにしましょう。

 

アーメン、

 

アーロンJP

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: