瞑想11/04/2018

今日の福音書、マルコ12:28-34から、私たちは主に尋ねる筆記者がいます。どの戒めが最も大きいのですか?イエス・キリストは彼に答えます、「最初のものはイスラエルよ、聞いてください、私たちの神、主は一つです。あなたは心を尽くして、あなたのすべての心と、あなたの心をもって、あなたが神、主を愛するでしょう。あなたの力をすべて尽くしてください」。第二はこれです。「あなたはあなたの隣人を自分として愛するでしょう。これは、新約聖書第6章2〜6節の第1朗読に続くものです。モーセは人々に、法に従ってどのように生きなければならないかについて教えています。彼はイスラエルの人々に、真の神を奉仕することがどれほど重要であるかを強調しています。彼は彼らがどこに行くにしても神を持つ必要があると彼らに伝えています。

私たちが教会に行くとき、私たちはミサの聖なる犠牲のために心を準備する必要があります。私たちは電話をかける必要があります。ガムを噛んだり、アイドルトークをする必要はありません。私たちは、1〜1時間半の礼拝の間に神に全面的に配慮する必要があります。 (東部の権利と特別な形態のミサは約1時間半です)。神は私達に彼に60分を与えるように頼んでいるだけです。 60分間の絶え間ない礼拝。しかし、福音の読みが終わってから10-30分遅れて教会に来る人もいますし、私たちの聖職者の父は自分の家事をやっています。他の活動に従事する日の残りの23時間を持っています。多分あなたはあなたの仕事になると、目を覚まして警戒し、あなたの雇用主のために最善を尽くすように動機づけられたあなた自身に尋ねているでしょうか?まあ、なぜ、1人の真の全能の神のためにそれをしないのですか?天におられる私たちの父は私たちの時間と献身の場所にふさわしくないのですか?

私たちは別の人を見ると、彼らをキリストの目を通して見ますか?他の人にキリストを見るとき、私たちはその個人をより完全に愛することができます。彼は完全な愛であるので、最も聖なる三位一体の第二の人に祈ることができます。ここにいる誰もが黄金のルールについて聞いています。私たちは毎日自分自身を否定し、十字架を拾い、彼に従わなければなりません。私たちを愛する人たちだけでなく、私たちのジューサーたちにも思いやりを見せて、私たちを憎むべきです。普遍的な教会としての私たちは、常に世界での回心を祈っていなければなりません。私たちはキリストの愛について話すだけでなく、私たちが会う人すべてにキリストの道を歩かなければなりません。彼女の母なる仲間のために祈りを捧げ、彼女の息子イエスを愛していたようにお互いを愛し合う方法についての指導をするときに、祝福された母に頼みましょう。
父なる神の愛が私たちの魂の中で最も輝くことがありますように。彼の息子、イエスがお互いを許して抱き合わせ、聖霊の神が私たちの日々の旅に喜びと満ち足りをもたらすことを教えてくれるように。アーメン!
常に祝福されて、

アーロンJP

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: